So-net無料ブログ作成
検索選択
本づくし ブログトップ

口コミ読書♪ [本づくし]

一昨年(あれ!? 3年前だったっけ?…遠い昔過ぎて忘れてしまった[あせあせ(飛び散る汗)]コンテストで知り合った
ゆ乃月(faye-y)さんのブログをいつも楽しく拝見しているのですが、
最近こちらの記事で紹介していらした本が面白そうだったので
(そして私も来月ちょうど文楽を観に行くんです〜と思って)すぐ図書館に予約しました!


仏果を得ず

仏果を得ず



すんごく面白かったです[exclamation×2]
(私のボギャブラリーの貧困さよ^^;)

この作家さんは存じ上げなかったのですが、どのキャラも立ってて生き生きしてるし
文楽の舞台の表現はもちろんのこと、全ての状況が映像として捉えられるような
立体的な筆力は素晴らしかったです。
もっとしかつめらしい世界かと思っていた子弟関係も、
演目の裏に潜む人間の欲望やら悲哀やらもろもろの感情も、
楽しく興味深く飽きること無くグッと引き込まれて一気に読みました。
主人公の恋愛話と関係者以外の人間がすんなり楽屋に入っている状況は
「それってどやねん!?」とついついツッコミたくなりましたけど。(笑)

文楽に全く興味の無い方にもオススメします。


もう一冊紹介されていた本も同時に予約したのですが、順番待ち。^^;
早く読みたいなぁ。
 

あやつられ文楽鑑賞

あやつられ文楽鑑賞

  • 作者: 三浦 しをん
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2007/05
  • メディア: 単行本




…それにしても、伝統芸能の師弟関係があんなにフランクなものかどうかは、、、。
でもまあ人間国宝も「人間」だものね!
 

本づくし ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。