So-net無料ブログ作成

秋のおでかけ〜文楽鑑賞〜 [キモノ、どう? KIMONO道!]

ココロヤさんのイベントに行ってきました!

201109061429357a3.jpg

国立文楽劇場で「文楽」を鑑賞するのは初めて!!!
文楽、初・体・験 でございます。
むっちゃ楽しみにしてました。^^

なーんの知識もないのですが、一応、ストーリー(?)はネットで予習。
楽しみ方(?)は三浦しをんさんの著書で予習。

もう、すげぇな!文楽www という下世話な感想しか出てきません。

さすが三百年の歴史!
プロフェッショナルの神髄を垣間見た気がしました。
恐れ多くてこれ以上語れませんけど…というか語る言葉を持っていないんですが。^^;
でもまた観に行きたい。
ニッポンって素晴らしいわ!

旦那ちん曰く「文楽は床本が残ってるから、なまじ台詞が変えられない」らしい。
ということはずーっとおんなじなんですよ〜。
『不変』ってすごくないですか?
三百年前のひとも、おんなじの観て泣いたり笑ったりハラハラしたり
因果に心痛めたりこれも定めだと諦めたりしてたんですよ。
いやはや、すげぇな。(←語彙貧困[あせあせ(飛び散る汗)]

文楽の世界って、やっぱり女には到達できない境地ですね。
(私、フェミニストだけど伝統は守る派だから。)

講演が終わった後、別室にて勘十郎さんによる人形遣いのレクチャーを受けました。
これがまた、間近で観ることが出来て良かったのなんの。
“人形”に命が吹き込まれる瞬間がありありと鑑賞できて眼福ものでございました。

ココロヤさん、貴重な機会を設けてくださってありがとうございます。m(_ _)m


============================

で。

ハリキッテ着て行った訪問着。ばーちゃん仕様ナリ☆(←単に拵えてくれたってこと。^^;)

111112_0951~01.jpg111112_0952~01.jpg

帯揚げはココロヤさんで購入♪
水玉が可愛いw 他の色も欲しい。

111112_1538~01.jpg文楽劇場の展示室で人形を持つことが出来るんですよ〜。^^
こちらは[楽(らく)ちゃん]。
三枚目役のお福さんね。
mayさんと一緒に記念撮影。
今度は[文(ふみ)ちゃん]持たせていただきました。
111112_1543~02.jpg




111112_2116~01.jpg「後ろ姿も撮っとこー」と思って帰宅してから撮影したら!
帯山が見苦しいことになってた。
ガガガ━Σ(ll゚ω゚(ll゚д゚ll)゚∀゚ll)━ン!!!
不細工この上ない!

お恥ずかしい。。。

久しぶりの二重太鼓。タレの長さは気にしてたけど
帯枕を「えいやっ」とやっつけで置いたのが原因か…。
背中に腕が回らなくてヤバいって思ったし。

柔軟性がないと着物もキレイに着付けられませんね!(反省)




 




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

may

tamiさん
お会いできて嬉しかったです。
ありがとうございました!
楽ちゃんの顔と私の顔がまったく同じまん丸なのに笑えました(爆)
髪の毛のセットもとっても綺麗だし着付けもぴしっとしていて
素敵な着物姿で眼福でした!
by may (2011-11-15 22:17) 

ta_mi

>mayさん
こちらこそ!楽しかったですね〜。^^
お褒めいただき光栄です。(照)

8耐落語を闘った者同士、また一緒に遊びましょう♪
 
by ta_mi (2011-11-16 13:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。